消化器内科の医師は不足している?

消化器内科医師TOP >> FAQ >> 消化器内科の医師は不足している?

消化器内科の医師は不足している?

日本人における胃腸の健康管理を専門的に行ってくれるのが消化器内科の医師となりますが、数多くの医療機関にて消化器専門の医療行為を行っているのにまだまだ消化器内科の医師は不足していることが挙げられるでしょう。

その背景には増え続ける患者の数と多忙な業務が大きな原因であると言われており、多くの消化器内科の医師は自らの理想的な職場を求めて積極的な転職活動を行っていることが多くなります。昔の消化器内科の医師の業務と言えば、患者さんから自覚症状を聞いて薬物を処方すると言う診断方法がメインになっていました。

その後、この20年で日本人における胃腸に対する知識の向上や健康意識の高まりもあって、消化器内科の医師が行う医療行為の範囲も広くなって行くことになったのです。その急速な人材ニーズの上昇によって、医療現場における消化器内科の医師の人材不足を引き起こしてしまったと言うことになります。

特にこの消化器内科の医師の人材不足は総合病院などの大きい医療機関で顕著になっている傾向で、外来や検査専門の患者の受け入れの増加によって医師1人に対する業務の負担が非常に増えていることは間違いありません。大きい医療機関になりますと、入院患者対応やと当直業務も発生して行くことが知られているのです。

また、クリニックなどは一般内科として胃腸科を開いているところもありますが、診療報酬単価の高さから事実上内視鏡検査を専門に行っている所も珍しくありません。 それと同時に検査後の入院については、クリニックは病床を持っていないこともあって大規模な医療機関と提携していることも多いのです。そのため、クリニックにおける消化器内科の医師は時間的拘束がそれほど多くなく、休日なども比較的固定になっていて医師としては休みやすい傾向であると言えるでしょう。

それでも、クリニックにおける消化器内科の医師が総合病院の医師よりも劣っていると言うことではないので、医師にとってはライフスタイルと自身のキャリアプランを見極めて入職することがとても重要になります。

さて、そんな消化器内科の医師の不足した状況において有利な募集求人への転職を進めて行くのであれば、転職エージェントなどのお役立ちサービスへ無料の情報エントリーを行っていくことがベストになります。基本給や待遇などを見てみると医療機関によって大きく異なっていますので、エージェントさんとも良く協力して自分にマッチした職場を探して行くことが求められるのです。

医師の消化器内科の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 ★★★★★ 全国 詳細




Copyright (C) 2014 消化器内科の医師募集ナビ All Rights Reserved.