消化器内科の医師の休日取得状況は?

消化器内科医師TOP >> FAQ >> 消化器内科の医師の休日取得状況は?

消化器内科の医師の休日取得状況は?

一般的に人間の胃腸つまり消化器と言うものは、異常があっても自覚症状が起こることが少ないこともあります。その中で病気の早期発見をするために尽力してくれるのが、消化器内科の医師と言うことになって行くでしょう。さて、この消化器内科の医師の休日ですが現状はどのようになっているのでしょうか?

消化器内科と言っても様々な医療機関に勤められていることも多くなりますが、その中でも個人形態や小規模の医療法人形態の多いクリニックになりますと通常は祝祭日や日曜日における固定休日が非常に多くなることで知られているのです。

ただ、消化器内科のクリニックでは有給消化と言うのは非常に難しく、それは基本的に少数精鋭の医師で医療現場を運営しているからに他なりません。外来自体がほぼ途切れることなく午後まで行くことが多いので、急用で休むと言うのはよほどのことでない限りできないと言えるでしょう。

その一方で総合病院における消化器内科の医師における休日ですが、総合病院にも制度的には日曜日の休日が医師にも設定されていることが非常に多いものです。しかし、総合病院の医師になりますと外来だけではなく、入院患者向けの臨床医療を提供しなければなりません。

通常が朝早くに登院して回診を行い、その後に午前中から午後にかけて外来診察を行っていくことになります。その後、昼食後に再度回診を行うなどのルーチンワークが決められています。さらに、月に数回は必ず当直業務を行うことになるので、24時間勤務をしなければならないことも多くなって行くことでしょう。

さらに、当直が無い日も臨床で残業することも多くなって行きますので、さらに日曜日にもいろいろな事情で病院かオンコールされるケースも多いことから、総合病院の医師と言うものは休日そのものが非常に取りにくい環境であると言うことができます。

そのため、総合病院になれば固定の休みも有って無いような状況が続くことも一般的でして、固定休日が取れるクリニック勤務はまだ恵まれているわけですね。

その他、この消化器内科における医師の休日が割と取りやすい職場を模索していくのであれば、ネットにおける転職エージェントサービスに無料情報エントリーを出来るだけ多く進めていくことが宜しいでしょう。多忙な消化器内科の医師に方にとっては、個人的にキャリアアップできる場所を探すのはあまりに非効率になりますので転職だけに神経を使うのは止めておいた方が賢明ですよ。

医師の消化器内科の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 ★★★★★ 全国 詳細




Copyright (C) 2014 消化器内科の医師募集ナビ All Rights Reserved.