消化器内科医師と外科医師の存在意義の違いは?

消化器内科医師TOP >> FAQ >> 消化器内科医師と外科医師の存在意義の違いは?

消化器内科医師と外科医師の存在意義の違いは?

人間にとって毎日健全な生活を送るために必要な食生活は、健全な消化器を持っていなければスムーズに送ることは出来ません。消化器の健康維持に関しては、通常は消化器内科の医師が行ってくれることが多くなります。しかし、消化器も内科医療では治療できない症状も数多くあるものです。

そのため、消化器の疾病に関する治療は消化器内科と消化器外科の2つの方法によって治療を完治されることが多くなります。そんな消化器における内科治療と外科治療ですが、その互いの存在意義の違いを見ていくことにしましょう。

まず消化器内科の医師ですが、基本的に消化器について初期診断を行うことになります。かつては薬物治療が主流だった内科医の業務も、内視鏡を使用した検査と診断そして簡単なオペが出来るようになったことで内科医の存在医師意義も非常に高くなりました。

それでも、進行したガンや悪性腫瘍などは下部組織に浸潤していることで内視鏡でのオペは不可能になって行きます。その場合は、外科的な治療で大体的な患部摘出を行っていかなければ転移の速度についていけないことになります。

この外科治療を行う消化器外科の医師ですが基本的に内科医によって疾病そのものが診断されていますので、外科医は通常その病巣を切除する役目のみを負っていることになります。しかし、それは内科医にはできない職人技が要求され、内科的な専門的な高い知識も当然ながら要求されるのです。

上述のように、通常は初期診断を内科医が行うことが本来の流れですが、最近は消化器外科がクリニックを開いていることも多いので直接内視鏡を使って外科医が病巣を直接見つけることができるケースも増えてきています。 しかし、外科クリニックでも医療設備によっては対応できない症状もあり、その場合は総合病院における消化器外科に紹介をすることになるでしょう。

その結果、内科においては進行前の症状を薬物でコントロールできるようになる反面、それが出来なければ外科治療で症状を抑えるしか方法が無いことが理解できるのです。内科医師と外科医師はこの点を調整しながら、患者の治療をより良く進めていくことになるのですよ。

その他、消化器内科の医師として非常に有意義な転職を行っていくのであれば、転職エージェントの無料情報エントリーをぜひ進めていくようにしてください。エージェントは常に好条件の非公開求人を揃えていますので、必ず理想的な職場を見つけることができるように努力してくれます。

医師の消化器内科の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 ★★★★★ 全国 詳細




Copyright (C) 2014 消化器内科の医師募集ナビ All Rights Reserved.